3dプリンターを買うならマニュアルがわかりやすいメーカーを選ぼう

長期保存に役立つアイテム

ラミネートとは、フィルムの間に紙や長期保存したい写真などを挟んで熱で圧着することによって硬くなるのが特徴の表面処理方法です。会員カードや身分証明書などを加工することができ、フィルムには様々な種類があるため工夫することも可能となっています。

ビジネス用の電話サービス

ビジネス用のIPフォンは通話料が従来の電話より安く、距離にかかわらず料金が一定というメリットがある一方、音質が悪くなったり遅延したりする可能性があるため、社内通信に使うのが最適な利用法と言えるでしょう。

公式のものを購入しよう

シャープ製品を購入する場合に、新品を購入するなら公式のサポートを取り入れると良いでしょう。トナーは会社まで届けてもらうことができますし、買いに行く手間や注文を忘れてしまうと言うトラブルも防ぐことができます。

先進的な工作機械

3Dプリンター

価格とシェア

3dプリンターは1980年代に開発された技術ですが、特許が切れるとともに多数のメーカーが参入した結果、現在では数万円〜数十万円で購入できる機種も販売されています。ただし安価な製品の大部分は樹脂を材料とするもので、金属加工が可能な3dプリンターは数千万円〜数億円するものもあります。樹脂専用の3dプリンターでは、アメリカの2大メーカーがシェアの過半を占めていますが、日本や中国などのメーカーも世界展開しています。日本製の製品はマニュアルが分かりやすく、サポートを受けやすいというメリットがあります。金属3dプリンターではドイツが大きなシェアを持っています。最近では日本のメーカーも製品をリリースしています。

利用に適している分野

3dプリンターは職人の技術に頼らず、誰でも複雑な造形ができることから人気があります。コストの問題で大量生産には向いていませんが、多品種少量生産には適した装置です。特に強度を必要としないサンプルやモデルを製作するには最適で、納期を短縮できるというメリットもあります。このほか医療用としても将来を期待されている技術です。造形の方法として、金属3dプリンターでは粉末焼結法が、樹脂3dプリンターでは光造形法やインクジェット法が多く用いられています。メーカーによって得意な技術は異なりますが、各社とも精密性の向上や加工のスピードアップにしのぎを削っており、価格面も含めて今後の開発競争に注目が集まっています。